LINEで送る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『タルトタタン』

ある冬の日、アップルタルトを作ろうと思ったタタン姉妹。焼型にバターを塗って、林檎の甘煮も入れて、オーブンに入れました。

そろそろ頃合いかと、オーブンを見てみようかと思った矢先、作業台の上に、決して、あってはいけないものが…。

なんと、延ばしたままの、タルト生地が、打ち粉に紛れて残っているではありませんか。

「あら、タルトを敷くのを忘れたみたいです。どうしましょう?、お姉さま」

タタン(妹)は、タタン(姉)に相談しました。

「あー、やっちまったね、妹よ。まあ、今から載せちゃえば大丈夫なんじゃね?ひっくり返せば同じことじゃないか。どうせ、お腹に入っちゃえば、おんなじことさね。」

「まあ、さすがですわ、お姉さま」

タタン(妹)は、オーブンから焼型を取り出し、パイ生地を載せて、もう一度オーブンに戻しました。すでに、台所は甘い香りでいっぱいです。

20分後、もう一度オーブンから出してみると、フタをしたパイ生地が美味しそうに焦げて、甘い香りに混じり合って、それはそれは美味しそうです。

「でも、どうやってひっくり返すのですか、私怖いです。。」

「大丈夫だ、こうやって、皿を焼型の上に載せて、ひっくり返せばいいんだよ」

くるっと、回転して、型から落ちて、きれいに皿の上に乗ったアップルパイ。今までに作った、どのアップルパイよりも深い透き通った琥珀色のアップルパイになりました!

「これはすごい、全く新しいお菓子だ。これを私達の名前をとって、タルトタタンと名付けよう!」

「ほんとう、きれいで濃厚でとても美味しい!でも、そんな名前なんて、勝手につけていいものですの?」

「大丈夫だ、こういうことは先に言ったもん勝ちだ。」

。。。なんて、会話はなかったでしょうが、

これが、タルトタタンの由来だそうです。。

月末から始まるアップルパイの林檎で、試作品のタルトタタンを作ってみました。今だけ、限定10個、「HP見た」で、試作品プレゼントです!

あ、すみませんが、ご飲食の方に限らせていただきます。コーヒーだけでもOKですので、来店されたら、スタッフに一言伝えて下さいね!お待ちしております~。